学生ローンの掛け持ちするとどうなる?

学生ローンは一社としか契約が出来ないというわけではなく、審査さえ通過できれば複数社の掛け持ちをすることも可能です。
では学生ローンの掛け持ちをするとどうなるのかというと、まずメリットとしては借りられる金額が増えます。A社とB社の二社と契約をしていて、A社が10万円、B社が20万円まで貸してくれたとすると、二社を掛け持ちすることで30万円まで借り入れをすることが可能になります。A社だけであれば10万円までしか、B社だけであれば20万円までしか借りられなかったわけですから、まとまった金額が必要になる場合には掛け持ちをする価値はあると言えます。
ただ逆にデメリットと言えるようなこともあり、まず複数の学生ローンから借りているということは返済の管理が多少、煩雑になってしまうでしょう。返済が一日でも遅れれば契約違反ですし、それを何回も繰り返したとなれば信用情報に返済滞納の記録がされるリスクもあります。この返済滞納が信用情報に記録されてしまった場合、それから5年は新しい借入が出来なくなると考えた方が良いです。また学生ローンと言えども借金であるわけですから、今後銀行などから借入をしたいという状態になった場合、学生ローンの掛け持ちが原因で審査を通過できなくなる恐れもあります。
まとめると学生ローンの掛け持ちは借り入れ額を増やすということではメリットがあるものの、管理の手間が増える、信用情報にマイナスになる恐れがあるといったデメリットがあるということになりますから、掛け持ちをするかどうかはしっかり考えてから判断しましょう。

Article by Mackay

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.